30代会社員の本音

30代中ごろ会社員のリアルな体験や思いつき、気になる事を素直に書いていきます。

転職活動の記録

どうも、WC改めサトです。

 

今年のお盆より転職活動をしていました。最終的に2社の内定をいただき、これからお世話になろうと決めた企業を選択したことによって活動の終了となりました。

この日記を書いている時点ではまだ、辞めてもなく有給消化にも入っていない状態ですが、新たな企業への入社日の決定もあり一区切りついたところなので、自分が読む用の日記として残しておこうかと思います。

少し脱線しますが、ブログの読者設定を過去の自分にしてとんでもないブログ収益を上げられているブロガーさんを知り、収益云々ではなく読者設定を過去の自分にするのは良いな、と思い運営していく上でマネさせてもらおうと思いました。

 

・転職活動を始めたきっかけ

 

これはよく飲みに行く友人からの言葉と行動の両方です。居酒屋でいつものように、会社でいかに残業が多いかという社畜トークを繰り広げていたところ、

「そこまで愚痴るならさっさと転職したらどうなの」

と友人が一言。過去の会話の流れでも似たようなことは度々あったのだけど、この日は少々この言葉の重みが違いました。

友人は7月に転生活動をはじめ、その月末には転職を成功させていました。

世間的には大手の企業で、その業界でも中堅どころで世界的にもシェアを持つ製品を製造している、今後の生活の基盤にするには安心が持てる企業への転職でした。

目の前には転職を成功させ、なおかつ活動の詳細を説明できる生き字引、これはきちんと話を聞こうと思いました。

普段からご飯を食べに行けば愚痴ってしまうので、今の会社には当然不満があります。だれしも不満はあると思いますが、転職にまでいたるの気持ちを持っているか、愚痴の内容をしっかりと整理してみました。

 

『30代前半で現場のトップとなる作業長の地位に就いたことによる仕事量の増加』

『作業長に就いたことによる責任度合いの増加』

『人生を削るには対価が安い(賃金の不満)』

『将来に渡りこの仕事を続けていく上での体力的なキツさ』

 

これが大まかな理由です。

私自身の性格上、計画した仕事をこなすことが向いていると考えています。しかし現実は超短納期、超特急の工事をベースとした営業活動が主体となっています。どれだけ計画を練って準備をしても、超特急工事の割り込みによりすべてが崩れていきます。そして短納期に対応するために残業が増え、帰宅は遅くなり、プライベートは削られ、なのに賃金はある程度……。さらに、会社としての事業方針のため、このやり方が改善されることはなく、今後も継続いや、加速していくと考えられ、体力的にもだんだんキツくなっていくと予想も出来、このやり方にはもうついていけないという気持ちになったことが冷静に転職を考えときの理由となりました。

 

人間関係は悪くなく、事業方針さえ違えばこんな気持ちにならずに済んだのではないかと思ってしまいますが、会社としても企業が存続するための苦肉の策なので仕方がないと思います。

 

・転職活動の開始

 

どのように転職活動を行ったかを友人に聞いてみました。

友人は転職サイトやアプリを利用した、と教えてくれました。

リクナビNEXT』『マイナビ』『DODA』『EN転職』

この四つのほかに『転職エージェント』も利用したと教えてくれました。

ハローワークに行って求人を探すしかないと思っていた私にとって、そのやり方は衝撃でした。その場ですぐにリクナビNEXTの登録を行ったことを覚えています。

 

どうせ転職するなら今とは違うことをやってみたい、という気持ちになりました。

今の仕事を高校卒業から約15年続けてきた結果、その先にあるのは慣れと惰性だと感じてしまいました。会社の中では向上心はあるほうで(そのせいで作業長に抜てきされてしまい)、小さな改善や仕事に対する考え方はある程度はまともな方と自負しています。しかし周りはそうでもないらしく、そこの温度差に絶望もしていました。なので、まったく新しい環境に身を置いてチャレンジしてみようという気持ちが優先されました。単純に、知らないことを知る楽しさが苦労の部分を上回りました。

 

・応募~内定まで

 

片っ端から異業種を、と言うわけにもいかず、ある程度吟味はしてみました。現場仕事と事務仕事、どちらもやってみたい仕事だったので、自分の経歴で応募できるところに絞って、しかしどうせなら国内の超有名企業や世界に通じる製品を持っている企業に的を絞りました。

今まで、事務仕事は管理職となって少しだけしていましたが、その程度の経歴では書類審査にすら通りませんでした。即戦力を求めているのが転職市場で、しかし私は大した事務経験のない30代中頃。受かるはずはありませんですし、自分が担当でも落とすと思います。

なので、高卒から応募オッケーの製造業に絞り、県内県外、広く応募をしました。

今の仕事が金属加工業なので、企業側からのオファーは結構たくさんいただきました。中には、将来の製造部長候補としてのオファーもありました。

応募した企業と、書類審査を通った企業、最終審査まで行けた企業、内定をいただいた企業を残しておこうと思います。ただ、内定をいただいた企業は伏せておきます。


●応募●

〇マイクロンメモリジャパン

アプライドマテリアルズジャパン

〇ローツェ

MAZDA

本田技研工業

川崎重工業 

旭化成

旭化成EICソリューションズ

〇萩原工業

JFEケミカル 

〇フィリップスジャパン

〇べバストジャパン

JFEプラントエンジ

三井金属 


●一次審査通過●

アプライドマテリアルズジャパン

川崎重工業

〇国内大手企業2社


●最終審査●

国内大手企業 2社


●内定●

国内大手企業 2社

 

結局、受かったところは業界未経験、人柄重視、という文言の募集を貫いた大手企業と入社予定の会社の二社でした。30代中頃にして作業指揮経験が6年ある、というところを買っていただいたものと考えています。給与面、福利厚生面、これらの面で諦めた企業も入社予定の企業も大変に良く、大いに悩みました。一社は県外、一社は地元、やはり最終的には地元に決めました。

 

・転職に対する私見

 

転職~内定までの結果としては、おおむね自分の不満を解消できる企業に内定することが出来たと思います。

『責任が減る』

『体の負担が減る』

『地元企業ゆえに通勤時間が減り、プライベート時間が増える』

『給与面では、数年後には今より増えている』

また、『新しいことにチャレンジもできる』ので、人生を充実させることにもつながるのではないか、と考えています。

条件面のみでは成功しているといっても過言ではないと思います。

中小企業から超大手企業への転職なので。人に自慢できるとかではなく、大手企業での勤務にあこがれていましたので、ここもよしです。

 

結局入社を決めた会社はハローワークの求人でした。

転職サイトすら利用せず、履歴書、職務経歴書すら手書き、超アナログ活動でした。

そういう古臭いことを良しとする風潮が大手企業にはあるのかもしれません。

そして、ネットに書かれている転職の際の面接の注意事項などは、ある程度まともな格好と受け答えであれば鵜呑みにしすぎるものではないのかな、と思います。

実際、入社予定の会社の面接では、転職の大きな理由として、今の会社の時間外が多すぎる、を一番に言いました。しまったかな、とも思いましたが、あなたの本心を聞かせてくださいと言われたので本心で話してしまいましたが、受かりました。これは特殊な例なのかもしれませんが……。

ネットに書いてあることを重視して面接を迎えると、その事項を守ることに必死で言いたいこと、熱を持って語ることがおろそかになるのではないかと思います。

これはあくまでたまたま受かった人間の意見なので、無難な受け答えに終始するのが良いかもしれませんが、誠意をもって話をすれば、企業が欲している人材であれば天秤にかけられたときこちらに傾くのかもしれません。

 

・終わりに

 

この日記をのちに見直したとき、はたして書いた時と同じ気持ちでいられるのかは分かりません。しかし、こんな風に思っていたなと懐かしむことはできるかもしれないので、書いて残しておくことは悪いことではないなと。

 

それではまた。

 

サト

 

 

 

 

 

 

 

 

『つくりおき食堂』の超簡単レシピ

どうも、WC改めサトです。

 

現在独り暮らし、こう書くとなにやら寂しいので改めまして。。。

一人暮らしなのですが、私はちょっとした社畜です。

そんな状態で21:00以降に帰宅して、そこからがっつりと晩御飯の準備を始めるのは、少々立ちはだかる壁は高いのです。

 

そこでなにか、お手軽かつ良いレシピはないかと本屋を物色してみました。

 

忙しい人専用 「つくりおき食堂」の超簡単レシピ (扶桑社ムック)

忙しい人専用 「つくりおき食堂」の超簡単レシピ (扶桑社ムック)

 

 

すると、レシピ本コーナーの一角で平積みされている、今ブログのタイトルにもある『つくりおき食堂』の超簡単レシピを発見。すぐに手に取りレジへと向かいました。

善は急げ、買い気が削がれぬうちに、です。

このレシピ本に惹かれた理由は以下の通りです。

 

『超簡単』

『つくりおき』

『忙しい人専用』

そして何より、

『レンジで作れる』

が心の琴線に触れました。

 

私は存じあげないのですが、著者は『まりえ』さんという人気料理ブロガー。書籍化にまで漕ぎ着けるので、よほど人気があるのだと思います。

このレシピ本に載っている必要な道具は、

『耐熱容器』

『ラップ』

『除菌用アルコール』

『強度のあるナイロン袋』

『キッチンペーパー』

くらいかと思われます。

包丁やまな板など、調理に必須な道具はカウントしていません。

 

この本を読んで、気になるレシピを少しずつ作って行きたいと思います。

 

手始めに、もやしナムルなるレシピを参考に調理しました。実に美味しいおつまみ系のおかずが出来上がりました。

 

しばらくはこのレシピ本にある料理を作って行きたいと思います。徐々に耐熱ガラス製の保存容器を揃えて行きたいと思います。

半年前に断捨離とかいってずいぶん捨ててしまったことが悔やまれるWC改めサトでした。

 

まりえさんはツイッターもやられているそうなので、気になる方は探してみてください。

 

 

忙しい人専用 「つくりおき食堂」の超簡単レシピ (扶桑社ムック)

忙しい人専用 「つくりおき食堂」の超簡単レシピ (扶桑社ムック)

 

 

 

 

 

 

和風野菜ミックス(冷凍)

ども、WC改めサトです。

 

スーパーで買い物してると、なんだか和食が食べたくなったのでウロウロ物色していました。冷凍食品コーナーの前で筑前煮の元、みたいなのを発見したので購入することしました。

 

『和風野菜ミックス』という名の、イオンのプライベートブランド商品です。

里芋、人参、レンコン、たけのこ、インゲン、ごぼうの六種類が入っています。

 

メーカーは違えど類似の商品が無くなることは無いと思います。何せとても便利なんです。私がよく行くスーパーがイオン系なだけで、どこに行ってもだいたいあります。

 

購入後、帰宅して筑前煮を作ろうとしたらだしの素がないことに気づきました。めんつゆで代用したらものすごく塩辛い筑前煮となりました。

リベンジですね。

 

ではまた。

 

 

アパート①

どうも、WCです。

 

世間は3連休。弛緩した空気が流れていますが、社に飼われている畜生にはそんなものは当然なく日曜のみが休日です。

 

その貴重な休みを、キングジムの優待を開けて驚いたり、大好きな森博嗣の小説の世界に浸ったり、すかいらーくの優待を使ったりと、好きな事を満喫しております。

このブログもすかいらーくで、食後のドリンクバーを利用しながら書いたものとなります。

 

さて、タイトルのアパートですが、アパートに関して気づいた事を書いてみようと思います。不定期更新です。もともとブログ自体が不定期更新かつ書きたい事を書きなぐっているだけなのでわざわざ書くこともないですが。

 

さておき、今住んでいるアパートの事です。室内の湿気がとんでもないです。住む前はわからない事でした。湿気にまで気を回していませんでした。自分が浅はかです。

原因を考えたところ、すぐに仮説が立ちました。

アパートの真横が山なのです。風が吹き抜ける立地ではないようです。そして何より、山は保水します。雨が降れば、山が水を溜め込み、たとえ翌日が晴れようともジメジメしています。

そして、2〜300m離れたところにそこそこ大きな川があります。常に山の根本は潤っているのではないか、と予想します。

おかげで雨が降れば当日、翌日、翌々日は湿度が80%超えは当たり前となり、生活が不快となります。

 

登山をしていて、湧き水が染み出す様を見ていて思いました。植物が多い山は山頂から100mも下れば、その他の条件もあるのだと思いますが湧き水を見ることがあります。

 

そのような実体験を元に、科学的な検証もない仮説を堂々と宣言して今日は終わります。

 

つまり、今日の読書中は快不快が入り混じったものという事でした。

次に住むところは、色々と知識を入れて住みたいと思いました。

メルカリで本を売る

どうも、WCです。

 

今までは購入目的のみでメルカリを利用していました。しかし購入頻度が増えたので、手持ちの書籍を売買してポイントとしてストックしておきたいという気持ちが湧いてきました。

というわけで、初めて売買をした上での感想を書いていこうと思います。

 

○手順が簡単な事に驚く○

 

今まで10回程度メルカリで購入をしていたので梱包状態を見ていて、売る際の手間もそれほど難しくはないのでは、と思っていました。

実際にやってみると、思った以上に簡単で驚きました。これだけ楽に出品でるのであれば、今まで二束三文でブックオフに消えていった無数の書籍たち、惜しいことをしていたのかもしれません。

 

○驚きの速さで売れる○

 

手続きを終えた1時間後くらいには1冊売れてしまいました。予想外の展開でした。書籍に関しては、出品手続きの際、バーコードを読ませるだけでメルカリ内での?相場の金額を提示してくれる機能があるので、その金額より低めに設定してやればものすごく食いつきがいいです。

この価格設定ですが、まずは売ってみたい(取引を経験したい)という思惑からあえての設定としました。

 

今回、商品を¥300で売却しました。

らくらくメルカリ便というプランでの取引でしたが、経費の内訳を見てみます。

 

・取引額の1割が手数料(¥30)

・送料負担が¥175(固定)

・梱包用品(ビニル袋とb5茶封筒1枚各¥5で計¥10)

・300-175-30-10=¥85

 

○儲けが¥85○

 

この額をどう捉えるか、です。何かの片手間に、例えばテレビを見ながらといった時間を利用して行うには良いかもしれません。

 

しかし、撮影、梱包、出品手続き、発送手続き、これらの手間をかけて得る対価としては安すぎます。仮に今回の価格設定を¥400円にしていても結果は大差がないと考えます。

この程度であれば、古紙回収で出してしまうかブックオフへ持ち込んだ方が時間を有効に使えます。

額面が¥300で売れたからといって、実益は相当少ない、という事実がハッキリしました。

 

○メルカリで書籍を売る場合○

 

シリーズ物や作者で括った上である程度のまとめ売りが良いのではないか、と考えます。バラ売りやブックオフでは安く買い叩かれますが、メルカリであればある程度のプレミアム値でも需要があると見込めます(シリーズ物で出品できるものがないので検証はできませんが)。

 

ということで、メルカリでの取引デビューの感想はこれにておしまいです。

 

時間が惜しくてたまらない社畜には、貴重な時間を¥100程度のためには使えません。要るかどうか悩むようなものを買わない、という事を継続する方が良いと思いました。ただ、何事も経験という事で、自分ならどうするか、という答えが出たのは大きいです。

何事もやってみる、これ大事なり。

 

WC

 

 

『剣山〜次郎笈』縦走登山記録と現状

どうも、WCです。

転職活動真っ只中です。

一部上場企業の中でも、日本を代表するか、もしくは世界にも通じる事業内容をもつ企業へのステップアップを企んでいるので、近いうちに『元WC』になると思います。思いたいです。頑張ろう。

 

現在は一部上場企業の子会社で、現場作業長として日々人生を切り売りした対価を得てどんどん消耗しています。

こんな状態とは決別するための転職活動ですが、趣味で取得しようと思っていたFP3級の試験日の二日後に面接日が決まるなど、予期せぬスケジュールの詰まり具合で精神的な消耗がありました。

 

全部自分で決めたことなので文句はないのですが、社会に属することで溜まった澱みは発散しなければバランスを欠いてしまう、という思いで登山へ。

 

向かった先は、四国で2番目の標高であり、同時に西日本でも2番目である『剣山』。登山口までは当然車で登っていくのですが、ふもとの町からは約30km。遠い。

 

お酒なら歓迎ですが、車でのほろ酔いを味わいながら登山口へ到着。ものすごい人の数。無料の駐車場は満員、その上、大型バス3台から人がぞろぞろと現れる。辟易です。

 

人の多さにゲンナリしながら、なるべく人が選ばないルートを進むことにしてスタート。

 

道中は、さわやかな空気を吸い、名水百選に選ばれている湧き水を味わいながら山頂へ一旦到着。昼飯で腹を満たして、本命の『次郎笈』(じろうぎゅう)へ縦走。湧き水を汲んで歩を進めていると、今まで見たことのない美しい景色に出会ったので、道すがらに本日の本命と決めての一時登頂。

 

この次郎笈、見ると登るではえらい違いでした。途中で道を譲った若い女の子の尻を追いかけようと頑張ったのですが、あっという間に距離が開いていきます。自分の体力の衰えを痛感しながらも、なんとか登頂して無事に縦走に成功。

 

あとは帰路をひたすら突き進み、少しの休憩を挟んで下山しました。

 

帰りは剣山木綿麻(ゆうま)温泉へ寄って汗を流すことに。この温泉の良いところは、入浴料が安い(400円)。アルカリ性なので、お肌がツルツルになる(美人の湯)。

強いて言う良くないところは、ボディソープはあるけどシャンプーがない(有料)。露天が狭い。このくらいでしょうか。公共施設だと思われるので、市民もしくは町民であれば、子供、65歳以上は半額、また、障害者も半額でした。

 

さっぱりした後、徳島ラーメンを味わうことも香川によって讃岐うどんを味わうこともなく、晴れの国へと直帰。

溜まった澱みを解消する良い1日となりました。

 

 

○まとめ○

 

・仕事での拘束時間が日に18〜20時間になると、生きてる理由を見失う。

 

・無理して生きない。

 

・溜まったらどうにか発散。もしくは発散出来ることを見つけたうえでストレスに向き合う(逃げ道を作ったうえで行動)。

 

・上記をやりすぎるとドツボにはまる。

 

・自然に身を置くことで、モヤっとしたものは洗い流される気になれる。

 

・過密スケジュールは体に毒。

 

・二十歳くらいの人たちって、エネルギッシュ。楽しく生きているように見えた。

 

・自己採点ではFP3級には受かっている。

 

以上、支離滅裂なここ最近のWCでした。

 

 

転職活動

どうも、WCです。

 

最近、転職活動しています。

8月は社畜活動と転職活動で忙しかったです。

ブログの更新は手がつけられませんでした。

 

8月に入り一人暮らしの準備を始めて、ボチボチ満喫してやるかとあれこれしようとした矢先、畜生組織の組織変更で私の職場の戦力をゴッソリ削られるという仕打ちを受け、鍛え上げられた社畜メンタルも何かポッキリ折れた気分でした。

そんな話を友人に愚痴ってると、「それならもう転職したらえーやん。何年も前から愚痴しか言ってねーで」と言われ、それもそうだ、無理にしがみつく必要もないなと思い至りました。

 

早速活動を開始し、リクナビnextマイナビ、en転職に登録。一気に押し寄せる情報量に困惑しながら、とりあえず目につく有名な会社に応募をしてみた。

 

気づいたことがいくつか。

 

1.転職市場は現在も活況である。

 

普段は期間工しか募集がないとウワサのホンダ(本田技研工業株式会社)も正社員求人がでている。

 

私の経歴をみた企業から、応募歓迎の通知が来る。

どうやらこれは、企業が設定している検索ワードに経歴書の中の何かがヒットした時に自動で出ているのでは、と思っています。

 

応募歓迎、異業種OK、未経験OK、大型採用などなど、様々な誘い文句の企業はことごとく弾かれました。

私の年齢、経歴が会社の求人とマッチしていない部分が大いにあると思っています。

 

2.転職エージェントなる職業があり、活躍しているようである。

 

私もリクルートキャリアというサービスのエージェントを利用していますが、他に登録したところからも、エージェントサービスを利用しないか、というリンクが多数見られます。

一社で十分な気がしますが、エージェント推しの企業では、転職成功までに平均で4つのエージェントを利用しているそうな。

ホンマかいな、です。

 

現在の会社からの畜生を飼い殺す為の鎖を解き放って、別の会社の鎖を自ら首に巻く活動ではありますが、労働条件を改善(時間外を減らす)しつつ給与は据え置く事を目標に、大企業への就職を目標として活動していきたいと思います。

 

WC