30代会社員の本音

30代中ごろ会社員のリアルな体験や思いつき、気になる事を素直に書いていきます。

転職活動

どうも、WCです。

 

最近、転職活動しています。

8月は社畜活動と転職活動で忙しかったです。

ブログの更新は手がつけられませんでした。

 

8月に入り一人暮らしの準備を始めて、ボチボチ満喫してやるかとあれこれしようとした矢先、畜生組織の組織変更で私の職場の戦力をゴッソリ削られるという仕打ちを受け、鍛え上げられた社畜メンタルも何かポッキリ折れた気分でした。

そんな話を友人に愚痴ってると、「それならもう転職したらえーやん。何年も前から愚痴しか言ってねーで」と言われ、それもそうだ、無理にしがみつく必要もないなと思い至りました。

 

早速活動を開始し、リクナビnextマイナビ、en転職に登録。一気に押し寄せる情報量に困惑しながら、とりあえず目につく有名な会社に応募をしてみた。

 

気づいたことがいくつか。

 

1.転職市場は現在も活況である。

 

普段は期間工しか募集がないとウワサのホンダ(本田技研工業株式会社)も正社員求人がでている。

 

私の経歴をみた企業から、応募歓迎の通知が来る。

どうやらこれは、企業が設定している検索ワードに経歴書の中の何かがヒットした時に自動で出ているのでは、と思っています。

 

応募歓迎、異業種OK、未経験OK、大型採用などなど、様々な誘い文句の企業はことごとく弾かれました。

私の年齢、経歴が会社の求人とマッチしていない部分が大いにあると思っています。

 

2.転職エージェントなる職業があり、活躍しているようである。

 

私もリクルートキャリアというサービスのエージェントを利用していますが、他に登録したところからも、エージェントサービスを利用しないか、というリンクが多数見られます。

一社で十分な気がしますが、エージェント推しの企業では、転職成功までに平均で4つのエージェントを利用しているそうな。

ホンマかいな、です。

 

現在の会社からの畜生を飼い殺す為の鎖を解き放って、別の会社の鎖を自ら首に巻く活動ではありますが、労働条件を改善(時間外を減らす)しつつ給与は据え置く事を目標に、大企業への就職を目標として活動していきたいと思います。

 

WC